中村学園三陽高等学校 中村学園三陽中学校

  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ

生徒会・部活動

  • 資料請求
  • 学校説明会
  • Webパンフレット

硬式野球部

部員数 31人

28期生:高校3年(7名)
主 将:古賀 道也
副主将:火山 友介、江口 将平
新開 嵩将、村田 虎太郎、野田 優生、三木 優介
29期生:高校2年(7名)
吉富 勇人、飯尾 奏音、志垣 勇次
福江 泉比、真鍋 大地、長野 弘樹、折居 知草
30期生:高校1年(17名)
樋口 航也、岩永 千広、木嶋 一心、下園 隆平
濵﨑 竜太、平岡 晴太、松岡 拓巳、森園 遊斗
大坪 汰伊友、大野 匡喬、神田 惇、津田 蓮太
東司 優我、松藤 迅海、大瀬良 優人、緒方 優樹
清水 優斗

硬式野球部
フォトギャラリー








活動報告
2016年2月23日 平成27年度集合写真

2015年12月12日(土)~13日(日) 星野村でボランティア

2015年12月12日~13日



九州北部豪雨災害で甚大な被害を受けた八女市星野村での
復興ボランティアに野球部を中心とした三陽生の有志たちが参加しました。

 

 

今回は急斜面での草取りやイベントの会場設営のお手伝いも行いました

2015年8月30日(日) 九州地区高等学校野球福岡南部大会


三陽 0-14 東福岡

試合には負けてしまいましたが、監督の話を真剣に聞く姿や
積極的に攻撃しようとする姿が印象的でした。
その姿勢が勝利に近づく第1歩だと思います。

多くのご声援ありがとうございました。

  

2015年7月6日(月) ご声援ありがとうございました!

全国高等学校野球選手権大会 福岡県大会
第1回戦 三陽 0 - 9 福岡第一

惜しくも1回戦敗退となりました。皆様のご声援ありがとうございました。


 

2015年7月3日(金) 明日は開会式!

今日で1学期の期末考査が終了しました。
期末考査が終わって笑顔な坊主クンたち。

 

野球部であるこの2人は、7月6日より始まる甲子園を目指す
選手権大会(7月4日開会式)に向けて、気合が入ったヘアスタイルになっています。
初戦は強豪校の福岡第一高校と対戦しますが、
毎日グラウンドで大きな声を出して練習している三陽野球部!
目指せ1勝!目指せ甲子園!

2014年9月6日(土) 体育大会部活動対抗リレーの様子

三陽坂で鍛えた足腰でグラウンドを駆け抜けます!!



 




2014年5月27日(火) 感謝の思いを込めて 硬式野球部グランド整備の様子

今日の写真は硬式野球部のグランド整備の様子です。
日々のハードな練習だけでなく、挨拶や礼儀、グラウンドや道具の整備にも全力で取り組む硬式野球部の生徒たち。
このことについて、指導に当たる樋口先生にインタビューしたところ、こんな話を聞かせていただきました。
今日はその全文をご紹介します。
「すべては繋がっている」そう感じさせてくれるお話でした。


【感謝の思いを込めて】

今年の3月で、任期2年、3回目の福岡県高等学校野球連盟の理事職を無事に終えることができた。
教員を目指したきっかけの一つが、「高校野球に携わりたい」ということだった私にとって、
今振り返っても教員生活の中で一番充実している日々だったように思う。
正直、理事の仕事は想像以上に大変だった。とにかく休みがない。
実際に経験して初めて、多くの人たちの支えがあっての高校野球であると痛感した毎日だった。


そんな中、いくつもの収穫があった。

1つは、スコアーを完璧につけられるようになったこと。
スコアーをつけていると、他校の現在のチーム状況を常に目の前でチェックできる。
こんなにおいしいことはない。
そんな些細な情報でもメモを取っていたことが思い出される。



もう1つは、いろいろな先生方や生徒(選手)達に出会えたこと。
1回目の任期のとき、当時、密かに応援している選手が1人いた。
彼のポジションはキャッチャー。
7年前の4月のある試合でのこと、彼のいるチームは5点差をひっくり返す大逆転勝利を演じた。
その試合終了後のことだった。通常、選手達は真っ先にスパイクを履き替え、ベンチやブルペンを掃除する。
ところが彼は、スパイクを履いたまま私が整備していたホームベース付近までやってきて、
「自分が(整備)します。させてください。」と言ってきたのだ。
私は、「(しなくて)いいよ。早くスパイクを履き替えなさい。」と声を掛けたところ、次に出てきた言葉が今でも忘れられない。
「グランドに感謝させてください。」彼はそう言って頭を下げてきたのだ。

それ以来、彼のいるチームと彼のことをスコアーを付けながら追い続けていた。
5月のNHK旗、夏の甲子園大会予選の前哨戦でのこと。彼のいるチームは決勝戦まで勝ち上がった。
そして息詰まる試合展開の中迎える8回表、彼の一打で決勝点を上げ、見事に優勝を果たした。
その時真っ先に頭に浮かんだのは、彼のあのときの言葉であることは言うまでもない。



さて、みんなの学校生活においてはどうだろう?
常に感謝の気持ちを持って生活しているだろうか?また、その気持ちを言葉に行動に示しているだろうか?

「グランド」を「教室」に置き換えるだけで、様々な考えや思いがあふれ出てくるはずだ。
授業の中の姿勢・態度、掃除など・・・
他人から指摘されてやるのではなく、自ら進んで考えて、1日1日を大切に過ごすんだ。
そして、三陽で出会った仲間と共に、光り輝く歴史を作っていこう!!

硬式野球部顧問:樋口 浩二


2014年4月12日(土) 平成26年度 部活動紹介

部員数:17名
活動場所:広石グラウンド
日程:第2、第4日曜日休み


僕たちは、17名という少ない部員数ですが、毎日、夏の大会で勝てるように一生懸命練習しています。とてもきつい練習ですが、とてもやりがいを感じています。野球が好きな人や、やる気のある人はよろしくお願いします。





2014年1月23日(木) 高校野球部 冬の練習風景

冬の野球部の練習メニューは、体力アップのトレーニングが中心となります。
朝から雪模様の1月22日(水)、三陽坂を利用し、下半身強化のためのトレーニングを行いました。
 
「何も咲かない冬の日は下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く。」
シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子さんの座右の銘であるこの言葉がふと、心に浮かんできました。
 
大きな花を咲かせる日を信じて、どんどん根を伸ばし、頑張れ!三陽健児たち!!

 

2013年12月22日(日)~23日(月) 星野村復興応援隊第4弾

場所:八女市星野村
参加者:本校卒業生 保坂 峻平君、野球部および有志生徒22名と教職員
活動内容:田んぼの泥だし
 
 
星野村復興応援隊の活動も今回で4度目を迎えました。
その間(2012年7月14日九州北部豪雨災害が発生してから約1年半)、現地での復旧作業は220箇所に及んでいます。
少しずつ着実に復興は進んでいますが、まだまだ目には中々映らない部分での課題も多く残されています。
今後も、多くの方々と協力して一つずつ乗り越えていけるよう取り組んで行きたいと思います。
 
 

2013年5月13日(月) 福岡南部大会に向けて練習頑張ってます!

三陽高校硬式野球部は今年迎えた7名の新入部員とともに第95回全国高等学校野球選手権大会福岡大会 福岡南部大会にむけて
日々練習に励んでいます。 
5月26日には福岡県立浮羽工業高等学校(久留米市)との練習試合を予定しています。
頑張れ!三陽高校硬式野球部!!
 

一覧へ戻る
TOPへ