中村学園三陽高等学校 中村学園三陽中学校

  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ

生徒会・部活動

  • 資料請求
  • 学校説明会
  • Webパンフレット

サッカー部

部員数 36人

中学生と高校生が同じグランドで活動しています。「サッカーができる人間」ではなく,「サッカーもできる人間」の育成を第一に考え,学校生活を大切にしています。練習は2時間しか行わず,全体練習終了後は各自の課題に取り組む時間に充てています。本校グランドだけでなく,大学所有の施設である「田島グランド」で練習を行うこともあります。様々な環境でサッカーができるメリットを活かし,力をつけています。


サッカー部
フォトギャラリー
  • 筑陽学園高等学校招待試合(H25.9.21)
    筑陽学園高等学校招待試合(H25.9.21)
  • 筑陽学園高等学校招待試合(H25.9.21)
    筑陽学園高等学校招待試合(H25.9.21)
  • 筑陽学園高等学校招待試合(H25.9.21)
    筑陽学園高等学校招待試合(H25.9.21)
  • 練習風景(H25.8.22)
    練習風景(H25.8.22)
  • 練習風景(H25.8.22)
    練習風景(H25.8.22)
  • 練習風景(H26.1.18)
    練習風景(H26.1.18)
  • 練習風景(H26.1.18)
    練習風景(H26.1.18)
  • 練習風景(H26.5.27)
    練習風景(H26.5.27)
実績
公式戦実績(平成29年度)
【インターハイ中部ブロック予選会】
グループリーグ(第1戦) vs香椎工業高校(1-0)
グループリーグ(第2戦) vs九州産業高校(1-2)
*1勝1敗で2位となったため,上位トーナメントに進出できず。

【選手権一次予選】
1回戦 vs博多(1-2)

【新人戦中部ブロック予選会】
グループリーグ(第1戦) vs城東高校(0-2)
グループリーグ(第2戦) vs早良高校(4-1)
*1勝1敗で2位となり,2位リーグに進出。
2位リーグ(第1戦) vs福岡工業高校(1-0)
2位リーグ(第2戦) vs須恵高校(2-2 PK戦で勝利)
*2勝0敗で1位となり,7位・8位決定戦に進出。
7位・8位決定戦 vs筑紫中央高校(0-2)
*3部リーグ8位で大会を終える。
 
活動報告
2018年4月15日 インターハイ中部ブロック予選会

インターハイ中部ブロック予選会(4月15日~)
4ー0 福岡農業(於:早良)

初戦を4-0で勝利しました。
リーグ戦がこれからも続いていくので,1戦1戦大切に戦います。
 



 

2014年9月6日 部活動対校リレーの様子

平成26年体育大会部活動対校リレーの様子です。
日々走りこんでいるサッカー部、さすがに速いです!!



2014年7月26日 三陽スポーツフェスタ体験入部の様子

7/26(土)「三陽スポーツフェスタ~ジュニアスポーツと栄養~」には、
70名以上のみなさんの参加をいただ
きました。
ご来校ありがとうございました。
今回は午後か
ら行われた「体験入部」の模様をお伝えしようと思います


サッカー、テニス、野球、バスケットボール、、、
そして
バッタ捕り! 本校の生徒諸君とともに、楽しく充実した時間となりました!



2014年6月2日 一つ一つのプロセスを大切に!

7月25日~31日の期間に行われる
平成26年度 第93回全国高校サッカー選手権大会
福岡大会第一次予選に向け、
日々練習に取り組んでいるサッカー部。

本日は顧問の白石先生に、
現在サッカー部で取り組んでいることについてお話をいただきました。

「全てを完璧に・・・とはなかなかうまくいかないものです。
だからサッカー部では、まず、一つ一つのことを大切にしていけるよう
みんなで取り組んでいます。

たとえば時間の一秒、シュートの一本・・・
あらゆるものが一つ一つの積み重ねでできていますよね。
一つ一つがしっかりしていれば、それを合わせたとき、
より強固なものになると思うんです。

サッカーだけでなく、日々の生活でも同様です。
たとえばカバンの並べ方一つにしても、きっと何かと繋がっている。
だからそういうことからきっちり指導しています。」


一つ一つの小さなプロセスも大切に練習に取り組むサッカー部の諸君、
君たちの頑張りを応援しています!






2014年4月12日~20日 中部ブロック予選会応援ありがとうございました!

県大会出場をかけて熱い戦いが繰り広げられる
福岡県高等学校サッカー大会中部ブロック予選会が
4月12日(土)にスタートしました。

4月19日(土)、早良(福岡市)を6-0で下した三陽高校サッカー部でしたが
4月20日(日)の対 香住丘(福岡市)戦では2-2の同点で、
PK戦へともつれ込み、
三陽3-4香住丘と、無念のPK敗退という結果に終わりました。
今回の大会では、多くの方より温かいご声援をいただきまして、
誠に有難うございました。

今後は、7月に開催される
全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会に向けて頑張ります。
引き続き、応援を宜しくお願い致します。




 

2014年4月13日(土) 平成26年度 部活動紹介

部員数:高校20名 中学4名

活動場所:グラウンド
日程:毎日

僕たちサッカー部は、2部昇格と県大会出場を目標に白石先生の指導のもと日々練習に励んでいます。
去年からグラウンドが天然芝になり、1日1日の練習を楽しくやっています。
目標にあと一歩で届くところにいるので、今年こそは、2部昇格と県大会出場をはたしたいです。
 




2013年9月21日(土) 筑陽学園高校サッカー部招待試合

今年8月に完成した本校芝生グラウンド。
本日、そのこけら落としイベントとして、筑陽学園高校サッカー部をお招きして、本校サッカー部との招待試合が行われました。
 
両校による国歌ならびに、それぞれの学校の校歌斉唱のあといよいよ選手入場です!
今回、長尾サッカークラブの小学生のみなさんに選手入場のエスコートボーイをつとめていただきました。
 
両校応援団による力強いエール交換に会場の雰囲気は高まっていきます。
キックオフセレモニーでは、リリーフカー(本校芝刈り機)にのって本校後援会会長 蔀さんが颯爽と登場。
熱狂的な声援の中、華麗にボールをキック!
 
そして10時15分、いよいよキックオフです。
スタンドで観戦する本校生徒たちも、思わず立って応援します。
前半戦、先制点を決めたのは筑陽学園高校。
次いで、三陽もそれに1点返すと、筑陽学園高校も更に1点を追加するという白熱した試合展開です。
 
前半戦が2-1で終了すると、ハーフタイムショーとして、筑陽学園高校チアリーダーによる演技が行われました。
緑の芝生グラウンドに、チアリーダーのイメージカラーのオレンジがよく映えます。
ここが三陽であることを思わず忘れてしまいそうです。
 
続いて後半戦。
両チーム、さらに一点追加し、3-2となりますが、
そのあと互いに点数が入らずそのまま試合終了を迎えました。
 
試合後、両校のエール交換が行われると「陽々CUP」は終了。 
非常に素晴らしいこけら落としイベントとなりました。 
 
筑陽学園高校の皆様、本日はご来校いただき、 
また素晴らしいパフォーマンスの数々をご披露いただき誠にありがとうございました。

2013年8月22日(木) サッカー部 夏休み練習の様子

校内で、真っ黒に日焼けしたたくましい生徒を見かけます。
「何部ですか?」と声をかけると、白く輝く歯をみせて彼らはこう答えます。
「サッカー部です!」
 
毎週土日は練習試合、夏休みもお盆期間を除いてほぼ毎日朝9時から11時まで熱心に練習を行っています。
 
今週の土曜は秀岳館高等学校(熊本県八代市)との練習試合を控えています。
秀岳館高等学校とは2ヶ月に1回のペースで練習試合を行っているのだそう。
秀岳館高等学校といえば、野球やサッカーの強豪校として有名です。
「毎回、胸を借りるつもりでチャレンジしています!」
(顧問:白石先生)

一覧へ戻る
TOPへ