中村学園三陽高等学校 中村学園三陽中学校

  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ

三陽の学び

  • 資料請求
  • 学校説明会
  • Webパンフレット

三陽高等学校の学び

社会に出る前に、人として大切な基本的なことを学んでほしい。「人間は頭の良し悪しや学力の優劣よりも何よりも人物ができているということが基本である」

目覚めよ、知的好奇心!三陽アクティブラーニング

一人前の、自立した魅力的な人間に成長するために、自ら生涯にわたって学ぶための力を身につけます。

タブレット導入
タブレット導入

平成28年度より、タブレット端末iPadを中学・高校1年全生徒に配付し、授業、個別・自宅学習、家庭と学校のコミュニケーションの活性化を推進しています。個別学習のシーンでは、デジタルドリル「すらら」・学習支援システム「Classi」を使って、生徒一人ひとりが自分のペースに合わせて学習します。個々の学習履歴をもとに、進捗・正答状況に応じたより細やかな指導を行うことによって、生徒の基礎・基本を確実に習得するとともに、発展的学習を通して「思考力」「判断力」「表現力」を身につけます。また、生徒たちが安心・安全で快適な学習パートナーとしてタブレットを活用できるように、情報モラルやリテラシー教育も行います。

「週考査」の実施

毎週月曜日に定着度確認テストを行い、家庭学習の習慣と学習内容の定着を図っています。

週考査(年間24回を予定)+期末考査(各学期)
「週考査」の実施
カリキュラム
カリキュラム

試験で好成績をとるためだけの学力ではなく、社会で生きていく上で必要な人間力を育むことを大切に授業に取り組んでいます。

「もっと~」をモットーに。生徒主体のスクールライフ

人間的成長の達成のために本校が力を注いでいるのが、生徒による主体的な活動です。活動を通して、自分たちの手で、生活・文化・規律を作り上げる力を身につけます。

海外修学旅行
海外修学旅行

修学旅行は、海外へ!!これまで自分たちが育ってきた日本という文化から抜け出して、異なる文化や風土に触れ、新たな自分と出会おう!行き先から内容まで、自分たちで考え、プレゼンテーションを重ねながら実現していきます。

生徒会活動

自主自立の精神のもと、様々な生徒会活動が行われていますが、生徒主体の行事運営もその一つ。燦々サタデー・文化祭・体育大会・マラソン大会など年間を通じて、企画・立案から当日の進行すべてを生徒が行います。

生徒会活動
三陽ボランタリズム
三陽ボランタリズム

「自ら考える」「自ら組み立てる」「自ら動く」「自ら検証する」「自ら解決する」、5つの力を育成します。平成27年度、本校でボランティア活動に参加した生徒はのべ602人に上ります。この数は実に全校生徒の126.7%、つまり生徒全員が少なくとも1回はボランティア活動に参加したという計算になります。参加当初は「人の役に立てることはないか?」と模索していた生徒たち。しかし、活動を続けていくうちに「より効率的に行うには」「より喜んでもらえるには」と、相手の気持ちになって考え、チームの中で自分の果たす役割について意識した行動ができるほどに成長します。自ら考え、自ら行動し、自ら成長する。それが 三陽ボランタリズムの精神です。
第8回福岡市環境行動賞において、エコウェーブ賞受賞!

部活動が活発です!

本校の部活動加入率は80%を超えています。ほとんどの生徒が、放課後は、自らの意思で思い思いの活動に励んでいます。ヨット部などはインターハイの常連です。しかし、たとえ結果が出なくても、好きだという気持ちを大切にしながら、一生懸命取り組んでいる部も多く見られます。勝ちより好きにこだわれ!この精神を大事にしたいと考えています。

部活動が活発です!
TOPへ