学校紹介

校長あいさつ

こころ豊かな「人間」に育ってほしい

中村学園三陽中学校・高等学校は「人間は頭の良し悪しや学力の優劣よりも、何よりも人物が出来ていることが基本である」という本学園の学園祖中村ハルの言葉を基に、社会で有為な人材を育成するために、日々“人間教育”に力を注いでいます。
20年後には現在ある半数の職業がなくなるという変化の激しい時代を生きる皆さんは、「自ら考え・自ら判断し・自ら行動できる」姿勢・態度を身につけることが必要不可欠です。そのために、どんな困難にも怯むことなく立ち向かい・乗り越えていく凛々しい“男”を育成することが、男子校として教育に携わる本校に与えられた使命でもあります。また、社会のグローバル化・情報化が急速に進展していく中で、積極的に自分を表現し生かす能力を身に付けることも大切です。

そこで本校では、世界の人々とコミュニケーションを図るための“語学力(英語力)”、情報化社会で活躍できる“情報活用能力”の向上にも力を注ぎます。2年前(平成28年度)iPadの導入を決定し、本年度は全生徒がiPadを活用できる環境が整いました。iPadの活用については現在全国でも注目を浴びる取り組みを推進しており、知識偏重の教育から主体的に自ら学ぶ教育への変換を図るとともに、生徒や保護者との情報共有やポートフォリオの活用等、様々なICT機器を活用し先進的で魅力的な教育環境を皆さんに提供できることを確信しています。

本校の学び舎は、“卓越した能力”を求めて安易な考えや行動を戒め、毅然として困難に立ち向かう三陽生の凛々しい姿に満ち溢れています。本校での学びを通じて人間力を磨き、高みを目指してひたすら努力を重ね、充実した人生の一歩を踏み出しませんか。

中村学園三陽中学校・三陽高等学校 校長 梶原 美隆