中村学園三陽高等学校 中村学園三陽中学校

  • ホーム
  • 学校紹介
  • 三陽の学び
  • 学校生活
  • 生徒会・部活動
  • 入試情報
  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ

新着情報

  • 資料請求
  • 学校説明会
  • Webパンフレット

【三陽スピリッツ】☆☆『武士道』に学ぶ☆☆

2018.04.29
[学校生活]

『武士道』には、「教師」について有名な言葉があります。

「私を生んだのは父母である。私を人たらしめるのは教師である」

武士道においては、人間形成において「師」というものの存在がいかに重要であったかがわかります。「師」とは単に知識を伝達する人のことではありません。武士道では、体を動かしたり教訓を引き出したりして、知識を超えた『知恵』を授けてくれる師匠を「師」と呼んでいたのです。例えば歴史の勉強では、武士の時代の教師は、ただ単に歴史的な事実を教えるだけではなく、そこに登場してくる人物が「何を考え、何をしたか」を興味深く、生き生きと伝えていたと言われています。まるで実際に戦場に赴いたかのように、歴史上の人物から学ぶべきことを生徒の心にしみ通るように教えていたのです。最近は事なかれ主義に毒され、ノルマを果たせばそれで十分という人が多くなっています。しかし教師は、我欲を捨て、情熱を持って教鞭をとり、時代を担う若者たちの育成に命をかけなければなりません。武士道における「師」の姿をしっかりと心に刻みこんで教育活動に専念したいと思います。

一覧へ戻る
TOPへ