中村学園三陽高等学校 中村学園三陽中学校

  • ホーム
  • 学校紹介
  • 三陽の学び
  • 学校生活
  • 生徒会・部活動
  • 入試情報
  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ

新着情報

  • 資料請求
  • 学校説明会
  • Webパンフレット

【三陽スピリッツ】☆☆『尚書』の「九徳」☆☆

2018.04.30
[学校生活]

儒教の古典として重んじられた中国の古典の一つに、『尚書』というものがあります。その中に人望を決定する要素として「九徳」が説かれています。

一.寛にして栗(寛大だが、しまりがある)
二.柔にして立(柔和だが、事が処理できる)
三.愿(げん)にして恭(真面目だが、丁寧でつっけんどんでない)
四.乱にして敬(事を治める能力があるが、慎み深い)
五.揉にして毅(おとなしいが、内が強い)
六.直にして温(正直・率直だが、温和)
七.簡にして廉(大まかだが、しっかりしている)
八.剛にして塞(剛健だが、内側も充実している)
九.彊(きょう)にして義(剛勇だが、正義をもっている)

相矛盾する9つの要素を兼ね備えた人物を、目指すべき人望者として説いているのです。人望のある人物を目指すためには、臨機応変に人間の機微の通じることができるバランス感覚が重要なのですね。

一覧へ戻る
TOPへ