中村学園三陽高等学校 中村学園三陽中学校

  • ホーム
  • 学校紹介
  • 三陽の学び
  • 学校生活
  • 生徒会・部活動
  • 入試情報
  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ

新着情報

  • 資料請求
  • 学校説明会
  • Webパンフレット

【三陽スピリッツ】☆☆ルールの重要性☆☆

2018.05.12
[学校生活]
 東京の多摩動物園のチンパンジー社会には掟があって、これが実によく守られています。その掟というのは、えさの先取り特権を尊重する、喧嘩の時にはボスが仲裁する、ボスは弱いものを可愛がり面倒を見る等の掟で、この掟に背くことはチンパンジー社会の崩壊にもつながるために、彼らはきちんと掟を守ってチンパンジー社会の秩序の安定を保っているそうです。
 人間の社会も同様に、絶対に守らなければならないルールがあります。しかし、戦後日本人の精神的支柱となっていた道徳・規範・躾・価値観・慣習等の力が失われ、各人が自分の行動を律するための新たな基準を身に付けられない状態が、今日も続いています。
 学校でも様々な生活規範を生徒諸君に強いることがありますが、これは自分の行動を律する一種の学習活動ととらえてもらいたいと思います。時には自分の意に反する規範を強いられることもあるかもしれません。そこで自制心を発揮して、社会のルールの中に自分の身をおくか、自由(わがまま?)を求めて勝手気ままな行動に出るかで、今後の生き方に大きな影響が出てくるのです。
 ルールを守れない人々が増えてくると社会の荒廃が進み、それとともに個人の精神の荒廃も顕著になります。現代社会を冷静に見てみると、この社会的荒廃化現象が現実化している姿をあちらこちらで見かけますが、それと同時に個人の精神の荒廃も進んでいることを忘れてはいけません。何としてでも教育の力で、この社会的荒廃化現象・個人の精神の荒廃を食い止めていきたいと思います。
一覧へ戻る
TOPへ