中村学園三陽高等学校 中村学園三陽中学校

  • ホーム
  • 学校紹介
  • 三陽の学び
  • 学校生活
  • 生徒会・部活動
  • 入試情報
  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ

新着情報

  • 資料請求
  • 学校説明会
  • Webパンフレット

【三陽スピリッツ】☆☆ものの見方の三原則☆☆

2018.05.27
[学校生活]

『安岡正篤先生に学ぶ人物の条件』(下村澄:著 PHP出版)という本に“ものの見方の三原則”が紹介されています。

(1)目先で見ずに、長い目で見る
 可能なかぎりの知識を基盤に情報を収集し、さらに想像力まで駆使して、長期的な展望を持つことが必要です。目先のことで右往左往せず、なにごとにも適切に対応できるようになります。

(2)一面ではなく、ものの反面を見る
 ものごとは決して一面的ではなく多面的です。だから自分が見ている一面ではなく、自分の目には見えない反面を見るように心がける必要があります。狭い主観だけにとらわれていないで、ものごとを別の立場から考えることが大切です。

(3)枝葉末節を考えないで、根本で考える
 木の枝葉は様々な伸び方を・繁り方をしますが、根は一つです。枝葉の伸び方・繁り方でものごとをとらえ考えても、正確な思考は成り立ちません。土の中に隠されている根を常に見失わず、その根について考えるようにしなければならないということです。

目先のことばかりにとらわれて、大切なことを見失うことは多々あります。そのような時には一度立ち止まり、“ものの見方の三原則”に照らし合わせて正しい判断を導きだせるよう心がけたいと思います。

一覧へ戻る
TOPへ