中村学園三陽高等学校 中村学園三陽中学校

  • ホーム
  • 学校紹介
  • 三陽の学び
  • 学校生活
  • 生徒会・部活動
  • 入試情報
  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ

新着情報

  • 資料請求
  • 学校説明会
  • Webパンフレット

【三陽スピリッツ】☆☆人間にとって、一番恐ろしい敵☆☆

2018.11.04
[学校生活]

【三陽スピリッツ】☆☆人間にとって、一番恐ろしい敵☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
人間にとって一番恐ろしい敵は、
不遇ではなくて自分の心。
自分で自分をこんな人間だと思っていると
それだけの人間にしかなれません
  ヘレン・ケラー
 (アメリカ合衆国の教育家、社会福祉事業家)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ヘレン・ケラーは2歳のときに高熱にかかり、一命はとりとめたものの、聴力、視力、言葉を失い、話すこともできなくなります。ヘレン・ケラーの家庭教師として派遣されたサリバンは、幼少の頃に弱視だった自分の経験を生かして、ヘレン・ケラーに“しつけ”、“指文字”、“言葉”を教え、ついにヘレン・ケラーは話せるようになるのです。その後ヘレン・ケラーは、日本を含め、世界各地を歴訪し、身体に障害を持つ人々の教育・福祉に尽くしました。そのようなヘレン・ケラーが残した言葉が、今回の三陽スピリッツです。どんなに不遇な境遇にあっても、自分自身を信じること、もっと成長できると自分を奮い立たせることが大切で、「自分で自分をこんな人間だと思っていると、それだけの人間にしかなれません」というヘレン・ケラーの言葉は、彼女が様々な障害を乗り越えて多くの人々に勇気を与えてきたからこそ、我々の心を強く打つのです。「人間にとって一番恐ろしい敵は、不遇ではなくて自分の心」である。しっかりと心にとどめて生徒と向き合いたいと思います。

一覧へ戻る
TOPへ