中村学園三陽高等学校 中村学園三陽中学校

  • ホーム
  • 学校紹介
  • 三陽の学び
  • 学校生活
  • 生徒会・部活動
  • 入試情報
  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ

新着情報

  • 資料請求
  • 学校説明会
  • Webパンフレット

【三陽スピリッツ】☆☆最大の危機☆☆

2018.10.27
[学校生活]

【三陽スピリッツ】☆☆最大の危機☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
最大の危機は、
 目標が高すぎて達成できないことではない。
目標が低すぎて、
 その低い目標を達成してしまうことだ

 ミケランジェロ(ルネサンス期のイタリアの彫刻家)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 何事にも自分の目標をもって取り組むことは大切なことです。そして、目標の持ち方ひとつで人の人生は大きく変わります。今回のミケランジェロの言葉は、我々がすぐに達成できる目標を掲げて満足してしまうことに警鐘を鳴らしており、「できることしか目標にしない」という生き方を戒めています。
 本校も2020年から始まる戦後最大の教育改革を見据え、低い目標を排除し、本校にとって非常に高い目標を掲げて、今学校の変革に力を注いでいます。具体的には、情報化社会・グローバル社会で活躍できる人材育成を図るために、人間教育に加えて情報教育・国際教育を推進しようとしているのです。すでに2年前からiPadを生徒に配付し、特色ある教育活動に着手しており、本年度からはICTを活用し、英語の授業をはじめ楽しく効率的に学べる授業を心がけています。また、ニュージーランド・オーストラリアへの中長期留学制度等も整え、世界に目を向ける生徒の育成を目指しています。三陽に“そんなことができるの?”と思われる方もおられるかもしれません。しかし、ミケランジェロの言うように、現状に甘んじ今できることだけに取り組んでいては、三陽は最大の危機を向かえてしまいます。
 おかげさまでiPadを活用した教育に関しては、福岡でも最もiPadを活用している学校の一つとして注目を浴びるようになりました。また、中学で毎日行われているiPadを活用したチャレンジ・イングリッシュの授業では、オンライン英会話やスピーキング・リスニング等のEラーニングが、英語4技能を向上させる取り組みとして徐々に定着しています。高校でも同じ学年を繰り返すことなく留学できる中長期留学制度(3ヶ月~1年)はもちろんのこと、本校で英検準2級を取得すると、ハワイのカピオラニ・コミュニティーカレッジ(KCC)に無試験で入学ができ、世界ランキング250位以内のハワイ大学への編入も可能になるというすばらしい制度を提供できるようになりました。
 目標が高くても乗り越えていく!それが三陽スピリッツです。これからも 高い目標を設定し、その目標達成にひたすら努力を積み重ねる学校でありたいと思います。中村学園三陽中学高等学校が、大きな変革期を迎えていることを感じる今日この頃です。

------------------------------------------------------------
いまのレベルに安住して
足元を固めることばかりに一所懸命になっていたら、
絶対にその先にある地平線は見えてこない

川口 淳一郎
(はやぶさの生みの親 宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系教授)
------------------------------------------------------------

一覧へ戻る
TOPへ