中村学園三陽高等学校 中村学園三陽中学校

  • ホーム
  • 学校紹介
  • 三陽の学び
  • 学校生活
  • 生徒会・部活動
  • 入試情報
  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ

新着情報

  • 資料請求
  • 学校説明会
  • Webパンフレット

【三陽スピリッツ】☆☆変化対応☆☆

2019.02.23
[学校生活]


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
やはり自分がこれだと思ったら、
全力を傾倒して挑戦する。諦めない――。
そういうイキイキとした生命力や
バイタリティーがなければ、
物事は成し遂げられない
 鈴木敏文
(セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問を務める鈴木敏文氏のモットーは「変化対応」、変化は当然起こるから、あらゆる変化に対していかに対応するかを考えていくことが大事であるという考え方です。鈴木氏は常にお客さんの立場で、今何をすべきかという考えで決断を下し、コンビニエンスストアを全国に広め、これまで日本の流通業界を牽引してこられました。鈴木氏のことを『孤高の革命児』と呼ぶ人も多いのですが、「自分がこれだと思ったら、全力を傾倒して挑戦する。諦めない」という姿勢が、日本最大のコンビニチェーン「セブンイレブン」を生み出したのだと言っても過言ではないでしょう。
 鈴木氏は人間の生き方には、次の三つのタイプがあるとおっしゃっています。
①「これまでこうだった」
  ⇒過去の延長に留まる生き方
②「将来こうありたい」
  ⇒遠い未来に向けて計画的に歩む生き方
③「今こうありたい」
  ⇒今直面している物事に対して、一所懸命に取り組む生き方

 鈴木氏はこれまで「過去を捨てて目の前の現実に一所懸命取り組むこと」すなわち、“今”を大切にして生きてこられました。これまで既存の常識を覆す数々の挑戦を行い、不可能を可能にすることができたのは、常にお客さんの立場で考え、何が本質なのかを見抜いて、物事を単純明快に発想し、直面する物事に対してやるべきことを一つひとつ解決してきたからで、「そうすると、世の中の常識のほうが変わっていくんです」とおっしゃるほどの結果を残してこられました。
 世の中が変化している時、常識という過去の経験の蓄積に囚われることほど恐いものはありません。いつの世にも自分から一歩踏み出す“チャレンジ精神”が必要だと思います。

一覧へ戻る
TOPへ